結婚指輪の売れ筋

結婚指輪の売れ筋はどういったものでしょうか。具体的に売れ筋の物をご説明致しましょう。ご参考になさってください。

2017年で売れ筋は二人の指輪を合わせるとハートマークになるものです。シンプルな中にある遊び心が何とも素敵です。お値段はそれほど高くありません。次の売れ筋は女性用はピンクゴールド、男性用はプラチナといったおしゃれ心いっぱいながらもシンプルな形が愛らしいリングです。優しい付け心地が人気のようです。こちらもそれほど高いお値段ではありません。次はメレダイヤとミル打ちがつながるデザインのもので、なかなか豪華な感じです。前の2つより、お値段は高めです。その次は、リボンが巻き付いているようなデザインが映えるリングでアフターフォローもしてくれるようです。こちらもお値段は少々高めです。そして、その次はピンクゴールドの物もプラチナ物もあるリングでシンプルなデザインは可愛らしく優しい感じです。お値段は物によって安めです。また、カラフルラインが映えるデザインも人気です。こちらは他の物と比べるとお安いでしょう。

お店に行かずともインターネットでも売れ筋を調べることがきでます。こういった情報を念頭に置いて、結婚指輪を探しましょう。お二人が気に入るものが見つかるように話し合いをしながら、楽しんでお探し下さい。

┌参考HP
マリッジリング(結婚指輪)フェア情報|ガラ おかちまち 御徒町・銀座・新宿・横浜元町のブライダルジュエリー・ダイヤモンド
業界最大のデザイン数を揃えています。

結婚指輪の相場

結婚指輪の相場はこれから買う人にとって、気になるところです。予算の関係は大いにあるでしょう。何しろ、結婚式を挙げるのも、これからの生活にもお金はかかるでしょうから、多少なりともお金を取っておかなければなりません。とは言いましても、一生に一度の買い物ですから、後悔のないようにしたいものです。

結婚情報誌の調べですと、2016年の結婚指輪の平均購入額は約24.3万です。これはお二人合わせてのお値段ですから、それほど高くないでしょう。因みに婚約指輪は購入平均額は35.9万円です。その差は約1.4倍です。それだけ、婚約指輪が高いということがおわかりでしょう。ですから、今後の生活もあるからという事で婚約指輪は作らないというカップルもいるそうです。このあたりはお二人での話し合いで決めた方が良いでしょう。確かに結婚指輪はシンプルですが、婚約指輪はダイヤモンドの物が多くて豪華ですから、お値段もそれだけ高いのでしょう。結婚指輪は普段の生活でもはめられますが、婚約指輪となるとそうもいかないでしょう。

何といいましても、一生に一回の結婚指輪ですから、慎重にお二人が良いと思うものを選びましょう。お値段よりも気に入ったものかどうかという事の方が重要でしょう。一生ものですから、二人の意見が一致するような素敵な指輪を選びましょう。

結婚指輪の購入場所

結婚指輪の購入場所はどういったところでしょうか。インターネットが発達した昨今ですが、結婚指輪ともなると、ネット通販ではなく、お店に行って買いたいものです。それに、サイズが人それぞれでしょうから、はめてみないことにはわからないでしょう。このようなことを考えますと、お二人でお店に出かけて、買うのが一番良いでしょう。何といいましても、幸せいっぱいの買いものですから、楽しみながら選びましょう。

高級なブランドショップで大奮発という人もいるようですが、お若いカップルですとそんなに多額な予算は出せないでしょう。ですから、百貨店やショッピングセンターに入っているジュエリーショップで買うと言った場合が多いようです。チェーン店のジュエリーショップはお手頃なものもあるようですから、買いやすいでしょう。とは言いましても、様々な種類から選ぶのは迷ってしまうでしょうから、予め、インターネットで結婚指輪を見て、どんな形が良いかなど、決めておくと時間を取らずに選べるでしょう。何と言いましても、お二人の初めての共同作業ですから、楽しみながら、お店の人に相談して選ぶと良いでしょう。素敵な思い出になること間違いなしです。買いやすいお店を見つけましょう。

結婚指輪とは

結婚指輪は、結婚の印として新郎新婦がお互いにはめる指輪のことです。左手の薬指にはめることが多いでしょう。というのも、左手薬指の血管がそのまま心臓に通じているという古代ギリシアの信仰が影響しているようです。お二人の心が通じ合うという解釈でしょうか。左手の薬指というのは、それだけ特別なものであると言う考えなのでしょう。

元々はキリスト教の風習で日本では20世紀半ばくらいから、取り入れられ、宗教には関係なく用いられています。始まりは1554年のイギリスのメアリー1世の結婚式だったそうです。

その形は甲丸でかまぼこ形と言われるものが多く普及していて、一般的と言われ、小粒のダイヤモンドを横一列に並べた一文字と言われるものも人気があるようです。材質は18K(金)、プラチナがほとんどで、内側にはお二人のイニシャル、結婚した年、日にちが刻印されているのが大きな特徴です。結婚後、普段の生活でも指にはめている人が男性でも女性でも多いのはそのシンプルな形ゆえでしょう。他の指輪と一緒にはめる場合は結婚指輪を一番先にはめるのが一般的です。

当サイトは結婚指輪に関する情報をお届けいたします。購入場所はどんなところか、相場はどのくらいか、売れ筋はどのようなものかについて、わかりやすく記述致しますので、ご購入予定の皆様、ご興味のある皆様、ご参考になさって下さい。皆様のお幸せのお手伝いが出来れば幸いです。素敵な結婚指輪を選びましょう。